西島悠也|福岡なんでも鑑定団

ご挨拶|骨董品鑑定士 西島悠也

 

福岡には、まだ知られざる逸品がたくさん存在します。後世に伝えたい、知ってもらいたい福岡の逸品・名品を紹介します。

 

【へし切長谷部】
織田信長が裏切りに激高し、茶坊主を切り捨てた刀で秀吉、そして黒田如水に渡された名刀です。なんともいえない刀身の美しさは吸い込まれるような妖しい魅力があります。

 

【金印】
「漢委奴国王」と刻まれていることから漢から委奴国の王として認められたことを意味していると言われている金印は日本で最も有名な印です。
志賀島の農民が農作業中に発見したとされています。

 

【栄花物語】
栄花物語は平安時代の宇多天皇?堀河天皇の時代の歴史を記した日本最古の歴史物語とされています。

 

九州国立博物館に保存されている「栄花物語」は鎌倉時代に写された写本です。

 

今回紹介したものはほんの一部です。実際足を運んでみるとまた趣がちがってみえるはずです。